product
■富士山の地下水バナジウム
web shop
delivery
outline

玄武岩から溶けだした「バナジウム」
line
富士山は7層の玄武岩層(バサルト層)から形成されています。玄武岩は地表に噴出したマグマが固まってできる岩石で、多くのバナジウムを含んでいます。また、玄武岩は非常に硬く、浸透した水が1層を通過するのに約30年の期間を要します。
富士山に降り注いだ雪や雨水は、長い年月をかけゆっくりと地下に潜り込みます。その過程で玄武岩からバナジウムを吸収しながら、やがて地下水(伏流水)となってゆくのです。このため、富士山の地下水には他の地域と比較して、高濃度のバナジウムが溶け込んでいます。
富士山のバナジウムウォーターは、まさに富士山の大自然が生んだ恵みの水なのです。
ピクチャー
朝霧乳業、独自の製法
line
富士山の地下水バナジウムには、他の製品には類を見ない高濃度のバナジウムが含まれています。
朝霧乳業では、200年以上もかけて玄武岩の層を浸透した富士山の伏流水を、朝霧高原の地下150メートルから汲み上げています。そして、独自の濃縮技術を用い、ミネラル成分のバランスを崩さないように成分濃縮を行っているのです。その後、非加熱殺菌処理を行い、クリーンルームで充填しています。
このため、1リットル中にバナジウムを150μgも含み、より効果的、かつお求めやすくバナジウムの摂取が可能なバナジウムウォーターができあがるのです。

■高濃度バナジウムウォーター「富士山の地下水バナジウム」ができるまで
ピクチャー
「富士の地下水バナジウム」ご購入はこちらから・・・・・・・・・・
line